ベイビーサポートのクーポンを大発見!【最新版】

ベイビーサポートのクーポンをついに発見しました!ベイビーサポートのクーポン入手方法について、どこよりもわかりやすく解説します。最新情報をチェック!

ベイビーサポートとは?障害や副作用はないの?

ベイビーサポートとは?


ベイビーサポートとは国産の産み分けゼリーです。産み分けゼリーとは、赤ちゃんの性別を決めるX精子もしくはY精子のどちらかが受精しやすいように、性行為にて使用する潤滑ゼリーのこと。

ベイビーサポートは、発売から2年ほどながらも、日本国内の販売本数が35万本を突破するほどの人気ぶり。産み分けに成功したとの声もたくさんあるようですよ。
 


2018年1月には、TV番組のGIRLS HAPPY STYLEでも紹介されました。あびる優さん、梅宮アンナさん、ピカ子さんなどが出演する情報バラエティー番組ですね。

産み分け潤滑ゼリーのベイビーサポートを目にして、「やっぱり時代は進むんですね~」などと、出演者の方も発言されていたのが印象的でした。

産み分けゼリーにもいくつか種類がありますが、ベイビーサポートのどんなところが妊活中のママやパパたちの支持を集めているのでしょうか。

支持の理由とは?人気のヒミツとは?
ベイビーサポートの魅力を、5つのポイントにまとめてみました。
 

①国産で安心・安全


研究、開発から製造、梱包に至るまでの全ての行程が国内にて行われています。ゼリーはもちろん、容器や袋、外箱まで日本製なんですよ。
 

②金銭面での負担を少なくできる


ベイビーサポートの公式サイトから購入すると、まとめ買いで最大30%もお得になりますし、ゼリーが余ったら「おめでた返金キャンペーン」が使えます。

「おめでた返金キャンペーン」とは、全て使いきる前に妊娠したら、余ったゼリーを1本1,000円で買取してもらえる返金制度です。これなら、まとめ買いでのリスクも減らせますね。
 

③使い方がとっても簡単

1.小包装から容器を取り出す
2.先端のキャップを外す
3.ピストンを押して膣内にゼリーを注入する


ベイビーサポートは性行為の直前に使用しますが、簡単3ステップでサッと使えるので、雰囲気を壊しませんね。
 

④1回1本でOK


ベイビーサポートの内容量は4.5mlとたっぷりです。一般的な妊活ゼリーに比べ、約3倍の容量。1本で膣内全体にゼリーが行きわたるので、1回につき1本でOK。
 

⑤天然成分100%


使っている成分は全て天然成分。アレルギーの方でも安心して使えます。また、ゼリーは1本ずつ個包装されているので、衛生面での心配もないですね。
 

以上がベイビーサポートの人気のヒミツ。
 

POINT

安心・安全であることは当たり前ですが、個人的には「おめでた返金キャンペーン」がおススメポイントです。妊活に金銭面での不安は付きものですが、ベイビーサポートのように返金制度があるとありがたいですよね。

ベイビーサポートは赤ちゃんを望むママやパパの気持ちに寄り添い、家族の未来を思って作られた商品なんだなと感じました^^


もっといろいろ知りたいなら、詳しい説明が公式のキャンペーンページに載っていますよ。

>>ベイビーサポートの詳細をもっと見てみる(公式キャンペーンページ)

 

障害や副作用などリスクはないの?

ベイビーサポートはデリケートな部位に使うものなので、赤ちゃんに障害がでたりしないのか、ママに副作用などの危険がないのか気になりますよね。でも、安心してください。

今までベイビーサポートを使って障害や副作用が出たなどの報告はないようです。


とは言え、まだまだ不安が消えないママたちのために、安全性をまとめてみました。
 

①メイドインジャパン

国内の工場で製造・梱包されています。ゼリーはもちろん、容器や外箱など、すべてが安心の日本製なんです。

②厳しい安全基準

厳しいと言われているアメリカ・ヨーロッパの基準も参考にした、安全基準をクリアした工場で作られています。

③天然成分100%

目や口に入れても大丈夫なくらい安全な天然成分を100%使っているので、敏感肌やアレルギーのある人が使っても大丈夫です。

④防腐剤について

1%未満のごく少量の防腐剤が入っていますが、目薬などの医薬品や化粧品、食べ物にも使われている成分です。安全性テストも行っていますし、障害や副作用などの影響があったとの報告はないそうですよ。
 


ベイビーサポートの「安心・安全」へのこだわりようは、かなりの企業努力が感じられます。これなら、安心して産み分けにチャレンジできますね!

他にも、よくあるQAや口コミなどが、下記の公式サイトに満載です。気になることがある方は、チェックしてみてくださいね。

>>ベイビーサポートの詳細をもっと見てみる