ベイビーサポートのクーポン情報【最新版】

【ベイビーサポートのクーポンコード最新情報2018】産み分けゼリーのベイビーサポートは、クーポンコードを使って安く買うことができるのでしょうか?最安値の買い方をチェック!

ベイビーサポート・ピンクゼリー・ハローベビー、徹底比較!2018年5月新情報あり

ベイビーサポート、ピンクゼリー、ハローベビー…何が違うの?

ベイビーサポート以外の産み分けゼリーとして有名なのは「ピンクゼリー」、「ハローベビー」だと思います。何が違うのか気になりますよね。

ベイビーサポート、ピンクゼリー、ハローベビーを5つの視点で比較してみました。

※2018年5月、ハローベビーに新たな特典がつきました!
比較④は必ずチェックしてくださいね。
 

比較①価格

 

産み分けゼリー価格比較

まず、それぞれの産み分けゼリーにクーポンがあるかどうか調べたのですが、どのゼリーにもありませんでした。
そこで、最安値である公式通販サイトの価格を比較してみます。
 

ベイビーサポート

・単品…14904円
・2個セット…23846円
・3個セット…31298円

・1本あたりの最安値…1490円

 

ピンクゼリー

・単品…10800円

・1本あたりの最安値…2160円

※初回は産み分けネット登録料が5000円かかります。

 

ハローベビー

・単品…13824円
・2個セット…24883円
・3個セット…35251円

・1本あたりの最安値…1679円

単品の購入だけならピンクゼリーが1番安いです。

しかし、ピンクゼリーを買う時には、販売元である産み分けネットに登録しなければなりません。産み分けネットは登録料が5000円かかります。登録するのに5000円って高いですよね。もったいないと思いませんか?


そして、1回分の費用が1番安いのは、ベイビーサポートを3箱セットで購入した時です。

産み分けは1回で成功するとは限らないので、まとめ買いする人が多いです。それに妊活中は何かとお金がかかるので、少しでもお得な方がいいですよね。

ベイビーサポートなら余った分を買い取ってくれるので、まとめ買いのムダがありません。

結論:費用面ではベイビーサポートのまとめ買いが1番おすすめ

 

比較②使い勝手

 

使い方は簡単?
 

ベイビーサポート

・湯煎不要
・1本使いきり
・1回分の容量は4.5ml

 

ピンクゼリー

・毎回湯煎が必要
・1回分ずつシリンジで吸い上げる
・シリンジは洗って使い回す
・1回分の容量は3~4ml

 

ハローベビー・湯煎不要
・1本使いきり
・1回分の容量は1.6ml

※ハローベビーの使用量は1回につき1~2本です。必要に応じて調整します。

ピンクゼリーは湯煎が面倒で、仲良しの雰囲気が壊れそうですよね。しかもシリンジを洗うのも面倒ですし、衛生的に管理できるか不安です。

その点、ベイビーサポートとハローベビーは湯煎不要の使いきりで、使いやすいです。

ただ、ハローベビーは1回につき1~2本使用と曖昧です。容量が他のゼリーよりも少ないのが理由です。容器は小さいので、やや大ぶりなベイビーサポートを膣に入れるのが不安という人は、ハローベビーのほうが向いているかもしれません。

2本使うのも手間ですし、コストが上がってくるので、ベイビーサポートの方が使い勝手でも優秀と言えます。


結論:使い勝手でもベイビーサポートがシンプル、大容量でコスパも◎
 

比較③安全性

安全な産み分けゼリーはどれ?
 

ベイビーサポート

・日本製
・成分公開
・日本食品分析センターの安全試験合格
・防腐剤使用(メチルパラベン)

 

ピンクゼリー

・日本製
・成分非公開

 

ハローベビー・日本製
・成分公開
・食品分析センターの安全試験合格
・防腐剤不使用
ピンクゼリーのみ成分が非公開です。産婦人科が開発しているので、危険性はないと思いますが、何が入っているのか分からないのは不安です。

ベイビーサポートとハローベビーは成分公開しています。比較してみても大きな違いはなさそうですが、あるとすれば防腐剤の有無ぐらいでしょうか。

ベイビーサポートはメチルパラベンという防腐剤が使用されています。防腐剤というと体に悪いイメージですが、メチルパラベンは安全性が確立しており、化粧品などにも使われている安心な成分です。

それにベイビーサポートもハローベビーも食品分析センターの試験に合格しており、口に入れても大丈夫なものです。防腐剤が入っていないと、菌が繁殖する可能性もありますし、使用期限は短くなります。

防腐剤が入っていても品質が長く保てる方がいいのか、品質が保証される期間が短くても防腐剤が入ってない方がいいのか、どちらを選ぶのかは、買う側の判断によるといえますね。

しかし、個人的には安全性が確立した防腐剤を使って、安定した品質であるベイビーサポートをおすすめします。

結論:防腐剤フリーを重視するならハローベビー。安定した品質を求めるならベイビーサポート

 

比較④妊娠後の特別キャンペーン(注目!!2018年5月~期間限定)

特典のある産み分けゼリーはどれ?


実は、産み分けゼリーを使ってめでたく妊娠できたあと、所定の手続きをすると

キャッシュバックが適用される・商品券がもらえる

などの特典を各社が用意しているんです!!
 

ベイビーサポート

・公式サイトから、ベイビーサポートを2箱以上購入し、妊娠できた場合
 余ったベイビーサポートを1本1,000円で買い取ってもらえる
 キャッシュバックキャンペーン実施中(おめでた返金キャンペーン)

 

ピンクゼリー特になし

 

ハローベビー公式サイトから、ハローベビープレミアムを2箱以上購入し、妊娠できた場合
10,000円分の商品券がもらえるキャンペーン実施中

ベイビーサポートとハローベビーの特典、かなり嬉しいですね!

ハローベビーの特典は、2018年5月10日から始まったばかりの、期間限定キャンペーンです。

そして、ハローベビーは、2箱以上のまとめ買い購入時に妊活サプリ「プレグナオールママ」も無料プレゼントされるみたいです^^

1本あたりの価格や、1回2本を使った場合のコスパを比較すれば、ベイビーサポートに軍配が上がります。しかし、サプリや商品券などのサービスを考えると、ハローベビーも決して引けを取らないですね。

結論:妊娠前後の無料特典を重視するならハローベビー。余ったゼリーを無駄にしたくないならベイビーサポート

 

比較⑤使い方のタイミングサポートアプリ

 

産み分けゼリーを使うタイミングを教えてくれるアプリ


男の子がほしい場合と、女の子が欲しい場合の性交タイミングのベストな日は違うのですが(産み分けの仕組み参照)、それをアプリでお知らせしてくれたらうれしいですよね。
 

ベイビーサポートなし
ピンクゼリーなし
ハローベビー購入者特典としてスマホアプリ「ハローベビーチェッカー」が無料でついてくる(購入者向けに限定案内)

産み分けは排卵日前後の一日の差が結果を左右したりするので、タイミングが自分だけでは不安という初心者さんは、排卵日チェッカーのスマホアプリがあると心強いですね。

結論:産み分け初心者がトライするなら、お役立ちアプリが特典としてつくハローベビー



このように、ベイビーサポート、ピンクゼリー、ハローベビーを比較した結果、

2018年現在、妊活サプリや商品券・排卵日チェッカーアプリなどの特典を重視するならハローベビー。
1回1本とシンプルな使用方法や大容量・コスパの良さ、ゼリー自体の品質をより重視するなら、ベイビーサポートがオススメです!



どちらが良いかは、人によってそれぞれだと思います。あなたにピッタリな産み分けゼリーを、ぜひ選んでみてくださいね。


>>ハローベビーの公式通販サイト(妊活サプリや商品券の期間限定キャンペーン実施中)


>>ベイビーサポートの公式通販サイト(割引キャンペーン実施中)